空家をシェアハウスに

シェアハウスとは?

複数の人が広い物件に集まって、LDK・浴室・トイレ等を共同で使いながら、各部屋を区切って家賃を収入する賃貸住宅。

シェアハウス経営の流れ

シェアハウス経営は、他の賃貸経営と同じで、管理を自分でするのか、管理会社に委託するかに分かれます。
管理を委託するかはどうかは、費用と手間の問題です。物件が遠い場合と、物件が近くでも面倒くさいなら検討の余地はあります。
次にやるべきことは、どの年代のお客様に合わせるかを決めなければいけません。
リフォームをして個室を造るだけでは、普通の物件と同じです。限られたお金をどの設備(個室、家具、共用部、セキュリティー)に掛けるのかで、どの年代にとって暮らしやすいシェアハウスなのかが決まります。
次は管理をどうするかです。

●自分で管理をする
共用部分は、他の賃貸物件と同様で管理は大家さんの役目です。
マンションやアパートは月に1回程度の清掃で済みますが、シェアハウスは頻繁に清掃をしないとすぐに汚れます。また、室内のゴミ出し等もあるので、頻繁に管理に訪れなければいけません。
入居者された方々に当番制で清掃をしていただく方法もあります。

●管理を委託する
シェアハウスの管理は、一般の賃貸物件の管理とは少々異なるので、管理料は収入の20%以上取られる場合があります。

 

入居者のメリット

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です