賃料下落

どうして家賃は下落するの?

少子高齢化が進み、空家問題が取り上げられています。最近は、新築マンション・アパートが急増して、古い物件は競争力が低下していきます。
建物の築年数が経てば、当然経年劣化が進みます。しっかりとメンテナンスをしていても、抑えられないものがあります。築年数が経てば、家賃を引き下げる方向に向くことは理解しておきましょう。
賃料の水準には、様々な要素がありますが、その中でも大きく左右するのが、立地と部屋の住みやすさです。
新築物件も賃料下落の可能性が高まっています。新築物件は、立地と建物の設備を良く見せたりするため、相場より割高な賃料設定にされているケースが多いためです。入居募集を行ってみると、なかなか入居者がつかず、賃料を下げざるおえない状況になります。

賃料下落対策

賃料は、一度下げると元の水準に戻すことは難しくなります。家賃を下げることは、“最後の手段”として、下げずに済む方法を考えることをおすすめします。
物件が古くなったら、部屋をリフォームしたり、入居条件を変えて魅力を高める方法もあります。
例えば、敷金を下げて初期費用を安くしたり、フリーレント期間をつけたり、ペット可にする等、賃料維持に有効な方法を考えましょう。

空室対策には・・・

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です