退去時の修繕(借主)

賃貸物件(マンション・アパート・借家)に入居するには、基本的に貸主と賃貸借契約を交わして、契約金を支払って入居をします。
ところが、借主が賃貸物件を退去する際にハウスクリーニング、リフォーム(クロスの張替え・畳の表替え・フローリングの傷の修復等)等の原状回復費用として高額な費用を請求されたトラブルが起こる場合があります。

借主の修繕《具体例》

●畳の表替え
入居中に日照等の自然現象によって変色する。乙の責任によって原状回復は原則。

●クロスの張替え
ハウスクリーニングで除去出来ないほど汚れ(タバコのヤニ、落書き等)、クロスが破れている場合は借主負担。

●下地ボードの張替え
釘穴・ネジ穴等で張替えが必要な程度の穴になると、通常の使用を超えたものになるので借主負担。

●フローリングの傷
飲み物等で発生したシミ・カビ、傷やへこみ等借主が注意していなかったことが原因になるので借主負担。

●設備
浴室・トイレ・洗面台・水回り・エアコン等、入居中に手入れ不足による故障は借主負担。

●鍵の紛失
鍵の1本でも破損・紛失をした場合は借主負担。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です