連帯保証人がいない・・・

親・親族に頼むのが一般的

親や親族なら誰でもいいというわけではありません。万が一を考えて借主に代わって支払いが出来る「相応の収入」があることが条件です。「相応の収入」については明確な金額ではなく、貸主や管理会社が決めることです。
借主が学生など若い人の場合は、親世代が現役で収入があり、連帯保証人として認めてもらいやすいのですが、親が高齢で収入がなく、不足している場合は、兄弟姉妹や親族にお願いすることになります。

 

連帯保証人の依頼・手続きは早めに動く

連帯保証人の手続きには、契約書・保証人承諾書に連帯保証人の署名・印鑑が必要なほか、貸主によっては連帯保証人の身元や収入の証明書を求められることがあります。
特に、親以外の親族に依頼する場合は時間に余裕を持つことが大切です。「お願いする人が遠方に住んでいるから時間がかかる」ではなく、貸主によっては不審に感じられることがあります。

 

家賃保証会社に依頼する

諸事情で連帯保証人がいない場合は、家賃保証会社に依頼する手があります。家賃の未払いや原状回復費用等の支払いを立て替えてくれる会社です。
もちろん、このサービスは有料です。保証会社を指定する貸主や管理会社もいます。

一番大切な事は、自分自身で家賃をしっかり払うことです。また、「連帯保証人になって」と言われた場合も、責任の重さを考えましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です