一戸建てを貸し出すと・・・

マンション・アパートよりメリットがある?

広さ

同じ家賃でマンション・アパートを一戸建てと比較した場合、一戸建ての方が広い物件が多いです。
例:都心郊外のマンション・アパートの1LDK30㎥程度で約10万円の家賃。これが一戸建てになると、2LDK100㎡以上の物件が借りられることがあります(都心は土地が高いので差があまりない事もある)。
広さに関しての価格は一戸建ての方が得になります。

騒音を気にしなくていい

マンション・アパートでは、一つ壁の向こうには他人が住んでいるので、騒音には注意しなければいけません。特に小さな子供やペットがいる場合、防音加工がされている物件でも、同じ建物である以上、大きな音を出せば響きます。
一戸建ての場合は、建物自体が分離されている為、多少騒音があっても響く量は異なります。物件の構造によりますが、家の中で大きな音を出しても外部まで響くことはほぼありません。テレビや音楽を楽しみたい、家の中で運動したいという方には一戸建てをおススメします。

庭がある

屋外の趣味を持っている方には、一戸建てがオススメです。庭があればガーデニングや家庭菜園、ペットを飼う、物置を置く等生活の幅が広がります。
マンション・アパートで庭付きというのはほとんどありません。一戸建てでも庭がないという物件も稀にあります。

駐車場がある

賃貸の一戸建てには、駐車場が含まれているメリットもあります。マンション・アパートでは駐車場が家賃とは別料金、または物件から離れている場合もあるので何かと不便です。

デメリットは?

一戸建てはマンション・アパートの様な管理がされません。マンション・アパートでは、防犯の管理、共用部分の清掃等の管理がされます。中には宅配物の受取り等、身の回りのことまで対応してくれる物件があります。一戸建てにはこういった管理がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です