トラブル対応

苦情の基本的な対応

●対応先
入居者からの苦情を対応するのは、基本は、大家さんですが、物件管理を管理会社に委託している場合は管理会社が対応します。入居者に苦情内容の対応先をはっきり伝えておくことが大切です。
●原因と契約内容を確認
苦情があったら、原因を確認して契約内容を確認しましょう。その上で、大家さんか入居者が対応するべきかを適切に判断することが大切です。
●対応は早めに
苦情対応は出来るだけ迅速に手配をすることが大切です。内容によっては入居者の日常生活に影響することが多いので、対応が遅れるとトラブルが大きくなってしまうこともあります。最悪の場合、予想外の時期に退去という可能性もあります。

主な苦情は・・・

●設備の故障・不備
室内の設備の故障や不備は、修理業者を整理しておけば迅速な対応が出来ます。管理会社に管理を委託している場合でも、念のため、修理業者を確認しておきましょう。また、分譲マンションの場合は、管理組合や建物の管理会社に確認をしましょう。
修理当日に修理業者から工事の立会を求められた場合は、入居者と相談をして、大家さんか入居者のどちらかが立会うことになります。

●近隣に苦情
近隣とのトラブルの中で、最も多いのは騒音です。特にマンション・アパート等の集合住宅では多い問題です。この場合、大家さんによって対応は異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です