空室対策には?

空室の傾向は上がると考えたほうがいいでしょう。そこで以下のような対策をしてみてはいかがでしょうか。是非参考にしてみてください。

  • 家賃相場を知る
  • 家具や家電等つける
  • 入居したくなるような魅力的なサービスをつける

家賃相場を知る

空室になる原因として、家賃が高いということが考えられます。
現在の賃料が適切であるかどうかを確認しましょう。

家具や家電をつける

賃貸物件を借りる際に、
・家賃
・敷金
・礼金
・共益費
・仲介手数料
・その他(保証料等)
様々な費用を合わせると、初期費用として家賃6ヶ月分が必要になります。
更に、家具や家電等を購入すると約10万円は掛かります。そこで、賃貸物件に家具・家電付きにすると、出費を節約することが出来るので、借主が増える見込みがあります。

入居したくなるような魅力的なサービスをつける

空室の期間が長いと、家賃を下げよう考える大家さんも少なくはありません。確かに、相場の家賃より安ければ入居者も決まりやすくなりますが、一度下げた家賃をまた上げることは非常に難しいです。
そこで、
・礼金をゼロにする。
・1ヶ月分の賃料をサービスする。
等、サービスをしてみてはどうでしょうか?短期的に考えると少し損をしているように見えますが、中長期的に見れば、家賃を下げるよりメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です