空室の原因は?

近年、賃貸物件で空室が目立つようになっています。
日本の人口が2010年から減少していることも原因の1つとして考えられますが、具体的に考えられるものは以下の通りです。

  • 筑年数が古い(対策:リフォーム等)
  • 設備が充実していない(対策:リフォーム等)
  • 家賃が相場より高い(対策:家賃を下げる等)
  • 家賃が相場でも空室(対策:敷金、礼金を下げる等)
  • 管理が出来ていない(対策:管理会社に依頼等)
  • 募集活動をしていない(対策:積極的に入居募集をする等)

ここで空室対策をしてはいかがでしょうか?
早めに入居を決断してもらうために以下のような対策もしてみてはいかがでしょう。

“フリーレント期間(一定期間家賃無料)”をつける。  フリーレント期間
“家具”をつける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です